Jan
26
2008

CentOS3にPHP5+eAccelerator まとめ

ベンチマークに使っていたXOOPSアプリのcache機能を使っていなかったので、こちらも設定したところで、以下、備忘録。

Requests per second基準で。


  • eAccelerato0.9.5.2導入での効果は225%
  • mod_deflateの圧縮コストも計測しなきゃだわ。
  • XOOPS cache設定効果で250%

環境:CentOS release 3.9 (Final) + Apache2.0.40(※) + PHP 5.1.6

[初期]
Requests per second: 1.14 [#/sec] (mean)
Transfer rate: 16.41 [Kbytes/sec] received

[+eAccelerato0.9.5.2]
Requests per second: 2.57 [#/sec] (mean)
Transfer rate: 36.88 [Kbytes/sec] received

[+mod_deflate+mod_expires+ZendOptimizer-3.3.0a]
Requests per second: 2.12 [#/sec] (mean)
Transfer rate: 30.64 [Kbytes/sec] received

[+XOOPS cache設定]
Requests per second: 5.34 [#/sec] (mean)
Transfer rate: 76.95 [Kbytes/sec] received

結論


  • XOOPSに関しては、最初からCache機能に気付け、俺。
  • まぁ、非XOOPSなサイトに関してもパフォーマンスが出るようになったので、良しとする。
  • 仕事でサーバ触らなくなったので、自宅で作業するのが楽しい。


※:このApacheは脆弱性アリversionですな。先ほどupdateしました。:-)

このエントリを読んだ人はこんなんも読んでいます

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.kenji00.com/MT/mt-tb.cgi/135

コメントする

過去のエントリ(一覧)

Powered by Movable Type 4.261
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。