Feb
20
2008

Apache2.2 WebDAV+mod_encoding

これまで8GBのVPSでも、Web関連のキャッシュ&ログに気をつけている限りは容量を使い切れなかったのに、今のサービスは50GB。

というわけで、総容量が10GBを超えそうな猫写真&猫動画のバックアップ領域を嫁に提供するべくWebDAVの設定。

GETで取得したquery文字列に含まれる日本語が化ける問題に対応するパッチというのも当ててみた。

CentOS5の場合、標準でWebDAVモジュールは入っているので、mod_encodingでの日本語対応と、httpd.confでの設定のみでOK.

先ずは材料として、WebDAV Resources JPのダウンロードページから、


と、先ほどのGETで取得したquery文字列に含まれる日本語が化ける問題に対応するパッチ(以下、mod_encoding-20020611a-safequery.patch
)
を用意。

■インストール


$ gunzip -dc mod_encoding-20021209.tar.gz | tar xvf -
$ cd mod_encoding-20021209
$ ./configure --with-apxs=/usr/sbin/apxs
$ cp ../mod_encoding.c.apache2.20040616 mod_encoding.c
$ patch -p0 < ../mod_encoding-20020611a-safequery.patch
$ cd lib

$ ./configure
# make
# make install
# cd ..
# make
# gcc -shared -o mod_encoding.so mod_encoding.o -Wc,-Wall -L/usr/local/lib -Llib -liconv_hook
# cp mod_encoding.so /etc/httpd/modules/
# ln -s /usr/local/lib/libiconv_hook.so /usr/lib/httpd/libiconv_hook.so.1

■設定

# vi /etc/httpd.conf

<IfModule mod_encoding.c>
  EncodingEngine        on
  SetServerEncoding     UTF-8
  DefaultClientEncoding JA-AUTO-SJIS-MS SJIS
  AddClientEncoding "Microsoft .* DAV 1.1" ASCII CP932 UTF-8
  AddClientEncoding "Microsoft .* DAV" UTF-8 CP932
  AddClientEncoding "(Microsoft .* DAV $)" UTF-8 CP932
  AddClientEncoding "(Microsoft .* DAV 1.1)" CP932 UTF-8
  AddClientEncoding "Microsoft-WebDAV*" UTF-8 CP932
  AddClientEncoding "RMA/*" CP932
  AddClientEncoding "xdwin9x/" CP932
  AddClientEncoding "cadaver/" UTF-8 EUCJP-MS
  AddClientEncoding "Mozilla/" EUCJP-MS
  NormalizeUsername on
</IfModule>
Alias /alias_directry_name /real_directry_in_full_path
<Location /alias_directry_name>
  AddDefaultCharset UTF-8
  Options +Indexes
  IndexOptions FancyIndexing FoldersFirst TrackModified
  DAV on
  AuthName "WebDAV Folder"
  AuthType Basic
  AuthUserFile /somewhere/.davpasswd
  Require user some_username_for_basic_authentication
  <LimitExcept HEAD OPTIONS>
       Require user some_username_for_basic_authentication
  </LimitExcept>
  Header add MS-Author-Via "DAV"
</Location>

# htpaswd -c /somewhere/.davpasswd some_username_for_basic_authentication
# /etc/init.d/httpd configtest
# /etc/init.d/httpd reload

Windows XP SP2以降では、Webフォルダ機能でのBASIC認証はhttpsでしか受け付けません。CentOS5は、標準でオレオレ証明書でのSSLが有効になっているので問題になりませんが、面倒な場合は自己責任でレジストリを変更して対処する方法もあるようです。

というわけで、着々とディスク使用量増加中

このエントリを読んだ人はこんなんも読んでいます

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.kenji00.com/MT/mt-tb.cgi/141

コメントする

過去のエントリ(一覧)

Powered by Movable Type 4.261
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。