Jul
16
2009

ハッカーとクラッカーの誤用については未だ諒承しないでがんばってみる。

20世紀末あたりだと"ハッカーは、クラッカーじゃない。"と主張する会という惹句をメールのsignatureにちらほら見かけたものです。

ウェブサイトをホームページと呼ぶ方の誤用については、「営業担当として、お客様がそう仰るなら、そちらでイキましょう」ということで2001年頃には受け入れました。

が、HACKER is not CRACKERの方は、そもそもがライダーとショッカーくらい違うので「そちらはナシの方向で」というスタンスです。

いや、こんなサービスを導入してウヒャウヒャとアピールしている"(自称)ネットワーク・コンピューティングの老舗企業"を見つけて萎えただけなんですけどね。一応表明しておこうかと。

以下、wikipediaより

ハッカー hacker

オールマイティに様々なコンピュータ技術に通じる人々の総称。知的好奇心でリバースエンジニアリングを行う場合は、まだハッキングの範疇である。ハッカー以上の技術者を ウィザード wizard や グル guru と呼称する。Linuxカーネルの開発者 リーナス・トーバルズは、しばしばグルと呼ばれる。

クラッカー cracker、kracker

情報の破壊や不当な複製、アクセス制御の突破など、不正な利用を行うハッカーもどきに対する総称。主にコンピュータウイルスのような不正行為を目的とするアプリケーションを作成したり、リバースエンジニアリングを悪用する場合は、クラッカーに含まれる。なお、リバースエンジニアリングを悪用する者を「kのクラッカー」として区別する場合がある。

このエントリを読んだ人はこんなんも読んでいます