Feb
23
2008

Perl moduleをRPMで管理 -cpan2rpm-

Perlモジュールのインストールといえば、perl -MCPAN -e shellが定番。依存関係も(ある程度は)自動解決してくれます。
しかし、当然ながらRPM管理の埒外としてインストールされてしまいます。

これから、Plaggerをインストールするのですが、コレもRPM管理できないかなということで探してきたのが、PerlのCPANモジュールをRPM化してくれるcpan2rpm
あ、勿論、rpmforgeにあるヤツはyum install --enablerepo=rpmforge でも良いです。コチラの方がupdateが容易でしょう。

Plaggerは残念ながらrpmforgeには無さそうなのですよ。


# yum list --enablerepo=rpmforge | grep -i plagger
#

■cpan2rpmのインストール


% wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/cpan2rpm/cpan2rpm-2.027-1.src.rpm
# rpmbuild --rebuild cpan2rpm-2.027-1.src.rpm
# rpm -Uvh /usr/src/redhat/RPMS/noarch/cpan2rpm-2.027-1.noarch.rpm

使い方は、パッケージを指定するだけ。例えば、

# cpan2rpm Test::Base

みたいな感じ。自動的にCPANからtarballを取ってきて、RPMとSRPMを作成してくれます。
依存関係の不足は表示されるので、yum install --enablerepo=rpmforgecpan2rpmで解決してあげればよいでしょう。

うまく使い分ければ相当に便利そう。

このエントリを読んだ人はこんなんも読んでいます

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.kenji00.com/MT/mt-tb.cgi/143

コメントする

過去のエントリ(一覧)

Powered by Movable Type 4.261
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。