Jun
18
2007

猫や犬のファロー四徴症や心室中隔欠損

ファロー四徴症心室中隔欠損というワードでググっても治療法については「有効なものはない」とか「漢方で対症療法」みたいなサイトが殆どの様ですが、ウチの猫は手術で普通の暮らしが出来るようになったので、記事にしておこうかと。

ちなみに、犬の場合は手術が有効であるケースが多く、経験のある先生も多いそうなのですが、猫は体が小さいことから手術自体が行われておらず、ウチの猫が(飼い猫としては)日本で初めての例なのだそうです。

手術をすること自体にも賛否両論あるかと思います。
先生からも、決して成功率の高いものでは無いという話があり、私と同居人(当時。今は嫁)もかなり悩みました。
手術をしなければ1年以内に、手術が失敗したら1週間後に、でも、手術が成功すれば寿命をまっとう出来る可能性があり。
結果が良かったからこそ、当時の選択に間違いが無かったと書けてしまいますが...

で、手術の件。
具体的には、人工心肺を付けている間に心室の穴を塞ぐとともに、その他の血管の障害を可能な限り取り除くというものです。
先生からも、お名前を出して良いというお話を頂いたので、ポインタをリンクしますが、日本大学の上地先生という方が執刀して下さいました。

以上、検索結果からこられた方の参考になれば幸いです。
必要であれば、上地先生のご紹介も出来ますので、コメント欄からご連絡下さい。

このエントリを読んだ人はこんなんも読んでいます

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.kenji00.com/MT/mt-tb.cgi/86

コメント(1)

ゼニがかかるねぇ。

コメントする

過去のエントリ(一覧)

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.261
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。