Feb
08
2007

Plaggerのインストール:Part2

続き。
疲れたので、現実逃避気味に、perl自体のupdateなどをおっぱじめてみる。
今入ってるのは、
This is perl, v5.8.0 built for i386-linux-thread-multi
CentOS3ではこれが最新。orz
ちょっと古くないか?moduleのmake testが通らないのはコレが原因カモ。

FedoreCore3のsrpmを取ってきて、rembuild --rebuildしました。
待ち時間に東風荘。
で、

% perl -v
This is perl, v5.8.5 built for i386-linux-thread-multi

に。

で、CPAN関連からやりなおしてみたところ、入りましたよ。Plagger。
XML::LibXMLで躓きましたが、こちらもFedoraもののlibxml2をビルド。
Text::Kakasi用のkakasi本体なんかもFedoraからもってきました。

# perl -MCPAN -e shell
cpan> intall Bundle::CPAN
~設定だのモジュール追加だのは略~
cpan> install Plagger
~山のように依存モジュールが入る。(※)~
cpan> quit
$ plagger -v
Plagger version 0.7.17

※そして、鬼のようにtestエラーが出ます。多くはCPAN.pmが自動解決してくれない依存だのtestスクリプトの不具合です。根気よく潰してください。
※時間があるときにinstallすることを激しくオススメ。

このエントリを読んだ人はこんなんも読んでいます

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.kenji00.com/MT/mt-tb.cgi/61

コメントする

過去のエントリ(一覧)

Powered by Movable Type 4.261
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。